PRELIBRI

2015.10.01

写真集『STILL LIFE』刊行記念トークイベント

151001_1

10月18日(日)一之瀬と、評論家・キュレーターの竹内万里子さんとのトークイベントを開催いたします。こちらのトークではPRELIBRIとし てではなく、写真家一之瀬ちひろとして登壇するトークとなります。(なので自分は登壇しません)純粋に一之瀬の「写真」の魅力を、竹内さんと掘り下げる内 容になるかと思います。私もとても楽しみです。IMA CONCEPT STOREという、今まさに写真シーンが産まれる場で、写真集「STILL LIFE」に関するイベントを行えること大変嬉しいです。ぜひ足をお運びいただけましたら幸いです。
_________________
写真集『STILL LIFE』刊行記念トークイベント 
一之瀬ちひろ×竹内万里子
http://imaconceptstore.jp/ud/event/55efc49babee7b2f22000001

主催者:IMA CONCEPT STORE
開催期間:2015年10月18日 18:00~19:30
フォトグラファー:一之瀬ちひろ / 竹内万里子

【参加費 / お申込み】
イベント参加規約 をお読みの上、以下からお申込み下さい。
一般:500円(税込)+1ドリンク付き  お申込はこちら
https://store.imaonline.jp/category/select/pid/6185

IMA CONCEPT STOREにて、アットホームな雰囲気でお送りするトークイベント第3弾。今回は、クラウドファンディング・サービス「IMA FANd!」を利用し、写真集『STILL LIFE』を刊行する若手写真家・一之瀬ちひろと、ゲストに批評家・竹内万里子をお招きしたトークイベントを開催します。

一之瀬が11年間撮りためた、十数ヶ所の都市の普通の暮らしの風景を一冊にまとめた写真集『STILL LIFE』が刊行されます。撮影地は、ロンドン、バーゼル、アルザス、ベルリン、アムステルダム、東京、ウイーン、バンクーバー、NY、陸前高田、南相馬など。

「人が住んでいる部屋には、生暖かく、拭えない人の営みの痕跡があります。写真には、生活にまつわる色々な事物や、その人の人生をつつむ空気が写 り込みます。これまで撮りためてきた部屋の写真は、すべて私という個人を起点に、そこからつながって出会った人たちの部屋です。私は、私のまわりにはどん な日常があるのか、私や彼らの日常はどのように保たれているのか、私個人のつながりをたどって、知りたいと思っています。」(一之瀬ちひろ)

IMA CONCEPT STOREでは、10月18日(日)18:00より、一之瀬ちひろ写真集『STILL LIFE』の刊行を記念し、ゲストに批評家の竹内万里子をお招きし、トークイベントを開催いたします。

一之瀬ちひろ(写真家)
1975年、東京生まれ。国際基督教大学大学院アーツサイエンス研究科博士前期課程。作品を発表する傍ら、書籍、雑誌、広告の撮影に携わる。2011年よ りリトルブックレーベルPRELIBRIとしても活動。2014年JAPAN PHOTO AWARD受賞。2012年、個展「KITSILANO」(ニコンサロン銀座)を開催。2015年「STEP OUT! New Japanese Photographer」に参加。写真集に2006年『ON THE HORIZON』、2012年『KITSILANO』、2015年『STILL LIFE』。

竹内万里子(批評家、キュレーター)
京都造形芸術大学准教授。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。元・東京国立近代美術館および国立国際美術館客員研究員。2008年フルブライト奨学 金を受け渡米、米国における写真教育の現場を調査。同年「パリ・フォト」日本特集のゲスト・キュレーターを務めた。2010年、Jonathan Torgovnik “Intended Consequences: Rwandan Children Born of Rape”の日本語版作品集および日本巡回展を企画(ジョナサン・トーゴヴニク『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』)。国内外でレクチャーやポートフォリオ・レビューを行う他、様々な作品集、図録、新聞、雑誌等に寄稿。主な著書(共著)に 『鷹野隆大 1993-1996』、志賀理江子『螺旋海岸 | notebook』、オサム・ジェームス・中川『GAMA CAVES』、新井卓『MONUMENTS』『The Oxford Companion to the Photograph』、『日本の写真家 101』などがある。

一之瀬ちひろ『STILL LIFE』
写真:一之瀬ちひろ
アートディレクション・デザイン:小熊千佳子
定価:3,500円+tax
体裁・ページ数:A5、ハードカバー、144ページ
発売日:10月8日
*この写真集はIMA Fand!を利用し制作されました。

*IMA_FANd!とは?
https://greenfunding.jp/imafand!
「写真を愛する人と共に新たなコンテンツを創出する」をコンセプトに、これまで培ってきた写真家や写真コンテンツのネットワーク、雑誌「IMA」 の読者やコンセプトストアなどの資産を活用し、写真集の出版や個展開催プロジェクトなどの起案コンテンツを集め、支援を通じてフォトグラファーとつながる ことができる場を提供します。設定した期間内に目標金額に達成しプロジェクトが実現することで、起案者の活動を応援することができます。